朔望会について

理事長ごあいさつ

患者さんとご家族の満足が
私たちの働くエネルギーとなっています。

昭和35年(1960)開設以来常に最新医学技術をもって格調高い、信頼される病院を目指し、「親切、丁寧、確実、迅速」をモットーとして地域社会に密着した病院たるべく、努力研鑚して参りました。

今日の朔望会、常盤台外科病院が在るのは、皆様方の暖かく厚い御支援の賜物と深く感謝して居ります。

私たちが目指す病院は「患者さんとご家族の満足度がNo.1の病院」です。そのために医療の質の維持、向上を常に図らなければなりません。
その中でも看護、介護スタッフの強化は大きな柱です。
意欲的な皆さんと共に是非この目標を達成したいと考えます。

当院は開設50周年を迎えました。これからも地域の皆さんに親しまれ信頼される法人、病院であり続けたいと願っています。また高齢社会を迎えるに当たって地域の高齢者の ための施設についても真剣に取組んでいきたいと考えます。

医療法人財団 朔望会
理事長
望月 龍二

基本方針

  1. 人間性の尊重

    いつも患者様、利用者様の立場に立って、個々の人間性を尊重した医療・福祉・看護・介護の実践に努力します。
  2. 医療・福祉トータルケアサービスネットワークの実現

    各部門内は勿論のこと法人内職種間の連携を大切にして、組織として総合力を最大限に発揮できるチーム医療・介護の実現を目指します。
  3. 専門職としての自覚

    全職員が現場で、専門職としてのプロ意識を持ち、各自が常に医療・福祉・看護・介護の本質を追求し、科学的、創造的かつ主体性のある医療・福祉サービスの提供を行います。

地域に拡がる朔望会の医療・福祉トータルケアサービスのネットワーク

朔望会では、常盤台外科病院から4km圏内でケアセンター、訪問看護ステーション、訪問介護施設、介護老人保健施設などの福祉施設の運営を行っており、病院と在宅医療をシームレスに繋いだトータルケアサービスを行っております。 当院に入院された患者さんは退院後、訪問看護や訪問介護、通所介護がご利用頂きます。また、ご自宅療養が難しい場合は介護老人保健施設等にもご入居頂けます。

私たちは、地域の皆様が最後まで安心してこの地で暮らし続けることができるようサポートしていきたいと思っています。
これからも「お一人お一人に寄り添う看護・介護」と「リハビリの充実」に努め、地域の皆様にいつまでも親しまれ、信頼される法人でありたいと願っています。

沿革

1960.10
「常盤台外科病院」開設
1997.09
「介護老人保健施設エーデルワイス」開設
「訪問看護ステーションエーデルワイス」開設
「板橋区四葉地域包括支援センター」開設
2000.04
「訪問介護ビオラ」開設、居宅介護支援事業開始
2001.06
「グループホームエーデルワイス四葉」開設
2002.12
「ケアプランビオラ」開設
2003.12
「社会福祉法人四葉晃耀会」設立
2004.06
「デイサービスビオラ」開設
「訪問看護ステーションエーデルワイス前野町出張所」開設
「福祉用具ビオラ」開設
2004.12
「訪問介護エーデルワイス四葉」開設
2005.04
「特別養護老人ホームブルーポピー」開設
2007.04
「介護老人保健施設プルムローズ」開設
2014.05
「地域ケアセンタービオラ」開設
2015.08
「リハビリテーションエーデルワイス病院」開設
2016.06
「都市型軽費老人ホームブルーポピー」開設

ページトップ